不当請求に関するご案内です。

撲滅不当請求

下記案内矢印

架空請求・不当請求について

 当番組では架空請求・不当請求等、悪質な詐欺行為は一切行っておりません。 安心して番組をご利用ください。

ワンクリック詐欺について

 アダルトサイトのバナーや迷惑メール(宣伝メール)で送られてきたサイトにアクセスして、「規約に同意して入場」のボタンを押したら、いつの間にか契約したことになっていて会費等の請求をされた、 という手口。それを「ワンクリック料金請求」や「ワンクリック登録」と呼んでいます。一番よくあるのは、「規約に同意して入場」というボタンや画像をクリックして登録されてしまうパターンです。

 申し込んだつもりがないのに、突然「会員登録」されてしまう。

 IPなどの端末情報が表示され、数日以内に支払うよう請求、遅れると高額の損害金を請求する、 というのがお決まりのパターンです。
ワンクリック詐欺のイメージ画像 しかし、請求されることと支払いの義務があることは別 です。

 このようなパターンは、有料である旨の説明が分かりにくく、料金についての明確な同意も取られていない ことから、この契約は法律上無効となります。
つまり、払う義務が無いのです。携帯からインターネット上のサイトにアクセスした場合、その携帯の番号は自動的に相手に伝わる仕組みになっています。そのため、携帯からワンクリック登録サイトにアクセスしてしまった場合は電話番号を知られるため、電話やショートメールでの請求が来ることがあります。現時点での対策は「無視」が最善とされています。

 下手にメールや電話で個人情報を伝えると、請求が止まるどころか、逆に架空請求等のターゲットにされてしまう可能性があるのです。同意するというボタンを押したからと言って自動的に契約したことにはなりません。

 契約の成立は、「買う(申込む)」という意思表示によって始まるものです。契約というものは「申込みがあり、それに対して承諾があれば成立」します。「同意する」・「入場する」と「申し込む」は別物ですから、このパターンでは契約になり得ない、ということです。

 先にも述べましたが、「請求されること」と「支払う義務があること」は別です。架空請求もそうですが、このケースも支払の義務はありません。
架空請求は「身に覚えのない請求」なのに対し、この手口は「身に覚えがある」ことから、不当請求とも呼ばれています。

よくある質問Q&A

IPアドレスが知られてしまいました。IPから個人情報を調査して請求すると書かれましたが、請求が来るのですか?
IPから個人情報に辿り着くことは不可能ではありませんが、そのためにはプロバイダ等が情報を開示することが必要不可欠です。この手の業者にプロバイダが情報を開示するわけがありませんので、 相手業者の言っていることは「ハッタリ」以外の何物でもありません。仮に請求が来たとして、それが支払の義務のあるものかどうかは、また別です。「ワンクリック詐欺の請求=架空請求の葉書=オレオレ詐欺の電話」です。
電話番号が知られてしまったのですが、どうなるのですか?
携帯からのアクセスだったり、相手業者に電話をかけてしまった場合は、その電話番号が知られてしまいます。しかし、それ以上の情報は伝わりません。それ以上の情報を得るためには、携帯各社等が情報を開示しないと分かりません。電話による請求は来るでしょうけど、そこまでです。仮に個人情報に至ったとして、請求されることと支払の義務があることは別です。
メールアドレスが知られてしまったのですが、自宅に請求が来るのでしょうか?
メールしたらメールアドレスが知られてしまいますが、それ以上の情報は伝わりません。それ以上の情報を得るためには、やはりプロバイダ等が情報を開示しないと分かりません。メールによる請求は来るでしょうけど、そこまでです。
無視すればいいとありますが、本当に無視して大丈夫ですか?
無視してもよい請求(支払う義務の無い請求)は、「オレオレ詐欺(振り込め詐欺)」や「架空請求の葉書」と同レベルです。オレオレ詐欺の電話がかかってきた場合の対応を考えてみると、答えは出るでしょう。但し、裁判所から送られてくる特別送達だけは、無視してはいけません。巷で話題になっている「放っておくと敗訴になる」というのは、この封筒だけです。
架空請求の案内パター2
特別送達とは?
特別送達は、裁判所・公証人しか出せない郵便で、「支払督促」「小額訴訟の呼出状」があります。「特別送達」と記載された、裁判所の名前入りの封書で送付されます。郵便職員が名宛人に手渡すのが原則で郵便受けに入っていることはありません。郵便職員から受け取った時、「郵便送達報告書」に受け取った人の署名又は押印するように求められます。内容に事件番号・事件名が記載されているかどうかで、 裁判所からの本当の通知であるかどうかを見分けることができます。発送元・連絡先が本当の裁判所であるかどうかについては電話帳・消費生活センターなどで確認しましょう。

 ツーショットダイヤルについてのお問合せ、登録について、ポイントの購入・精算など、不明な点がありましたらお気軽にお問合せください。

初めてのご利用に関する電話でのお問合せ案内